Caravan | 留フェロ

留学キャラバン隊 2017

13403891_1734136440165403_3732462216815449385_o『留学キャラバン隊』では、高校生の時に自ら決断し海外を目指した先輩が、これまで海外大学の進学情報に触れえなかった地方の高校も含めた全国各地で「現役留学生との未来設計イベント」を開催します。先輩と直接出会い、海外の大学でのありのままの生活を知ることを通して、「留学という選択肢が存在する」という事実を少しでも肌で感じて欲しいです。そして、彼らを身近なロールモデルとして参考にしながら、海外大学という選択肢に向けての第一歩を踏み出せる、そんなきっかけを作ります。

隊員は多様なバックグラウンドから留学を志し、様々な夢を抱き海外で活躍していますが、全員に「先輩にお世話になった」という共通の経験があります。先輩が後輩を応援し、それが継続されるプラットフォームをつくることが私たちの願いです。

◯期間

2017 年 6 月 3 日 – 21 日

◯問い合わせ

info@ryu-fellow.org

◯開催地詳細・応募方法

日程 場所 申し込み
3日(土) 8:40-12:30 東京  開智日本橋学園 校内向けの企画となっております。
3日(土) 14:30-17:30 千葉  市川学園 留学フェローシップが主催する会場です。
こちらよりお申し込みください。
4日(日) 13:00-16:00 東京  筑波大学附属駒場高等学校 留学フェローシップが主催する会場です。
こちらよりお申し込みください。
6日(火) 17:00-19:00 静岡  加藤学園暁秀高等学校 校内向けの企画となっておりますが、
ご興味のある方はお問い合わせください(下記参照)。
8日(木) 19:00-20:30 山形  JPrep斉藤塾 酒田校 お名前・ご所属を明記の上、
Jprep斉藤塾 酒田校までご連絡ください。
9日(金) 12:00-15:00 新潟  県立国際情報高等学校 校内向けの企画となっておりますが、
ご興味のある方はお問い合わせください(下記参照)。
10日(土) 11:00-16:30 北海道 北海道教育庁 基本的に道内の学校毎の申し込みとなっております。
ご不明点がありましたら、お名前・ご所属を明記の上
こちらまでお問い合わせください。
12日(月) 16:00-18:30 北海道 立命館慶祥高等学校 校内向けの企画となっておりますが、
ご興味のある方はお問い合わせください(下記参照)。
14日(水) 18:00-19:30 福岡  福岡アメリカンセンター 留学フェローシップが主催する会場です。
こちらよりお申し込みください。
17日(土) 14:00-17:00 兵庫  灘高等学校 留学フェローシップが主催する会場です。
こちらよりお申し込みください。
18日(日) 13:30-16:30 徳島  徳島県教育委員会 こちらを参考の上、ご自身でお申し込みください。
21日(水) 11:40-13:30 沖縄  沖縄尚学高等学校 校内向けの企画となっておりますが、
ご興味のある方はお問い合わせください(下記参照)。

*校内向けの回に参加を希望される場合は、会場によっては受け入れが可能ですので、お名前・ご所属を明記の上こちらまでご連絡ください。なお、定員の関係上ご希望に添えない可能性がありますこと、予めご了承ください。

 

◯過去の活動

Facebookで活動を紹介しております。詳しくはこちらから!

なお過去のキャラバンについては、2016年冬2016年夏2015年の情報もご覧いただけます。

◯メンバー自己紹介

■ 髙島 崚輔 / Ryosuke Takashima

Copy of Ryosuke graduation

Harvard College (ハーバード大学) 2年生

専攻:環境エネルギー工学、エネルギー政策

18年間大阪で過ごした(自称)箕面市観光大使。ある先輩との出会いをきっかけに、海外進学という選択肢を知り、国公立から進路を変更。 人生のモットーは、「チャンスの神様には前髪しかない」。小さいチャンスを掴み続けた先に、人と違う世界が拓けていることを信じて前進中。なお、ただいま将来について迷走中。留フェロを通して、みなさんがよき「出会い」に恵まれますように。

その他、随時公開予定。

 

N A V I G A T O R

海外進学の門を開く

アメリカ
イギリス
オーストラリア
カナダ
国ごとの特徴
併願について

C A R A V A N

現役留学生との未来設計

留学キャラバン隊
メンバー自己紹介

S U M M E R C A M P

留学に向けての夏期集中講座

キャンプの概要
プログラム
メンバー
FAQ
How to Apply

 

© RYUGAKU FELLOWSHIP

ページ上部へ戻る