大学分類

アメリカ大学の学部課程(日本ではあまり馴染みがありませんがアメリカでは学部と院を強く意識し、Undergraduate/ Graduate School と言います)を考えるとき、2年制大学と4年制大学の2種類に大きく分けることができます。学位に関しては、2年制大学は準学士号/短期大学士号が与えられるのに対し、4年制大学では学士号が与えられます。また、公立・私立という点に関しては、公立の2年制大学はコミュニティカレッジ、私立のそれはジュニアカレッジと称することが多いです。一方4年制大学には、公立・私立とはまた違った、総合大学(リサーチ大学)・リベラルアーツカレッジ・単科大学という区別が追加されます。

2年制大学

コミュニティカレッジ

コミュニティカレッジとは、アメリカ全土にわたって存在する2年制大学の名称で、コミュニティカレッジは準学士号/短期大学士号が与えられます。しかし全員が、この学位を取得することだけを目的にして進学しているわけではありません。というのは、コミュニティカレッジには 2+2 というシステムがあり、2年間コミュニティカレッジで勉強した後、大学の成績をもとに別の4年制大学に3年生として編入する留学生も多いのです。これは留学生だけではなく、地元のアメリカ人たちも使うことがあります。なぜ初めから4年生大学に入学しないのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、この2+2システムにはいくつかのメリットがあります。

まず、学費を大幅に削減できるということ。アメリカの大学は国内の大学に比べて学費が高く、4年制私立大学では年間23,000~45,000ドルほどかかると言われています。また州立大学などの公立であっても、その州の住民でない限り高額な学費がかかってしまいます。その一方で、地域によって生活費に差はあるものの、コミュニティカレッジに通った場合にかかる学費は、年間60~100 万円ほど。これは、国内の国公立大学と大体同じです。つまり、4年制大学に4年間通い続ける場合に比べて、2+2システムを使えば、2年分の学費を大幅に抑えられるということになります。(参照:http://www.ryugaku.ne.jp/twoyear/knowledge/savemoney/cost)

次に、より英語力を必要とする大学に入学しやすくなるということ。多くの留学生にとって、語学力は大きな壁になりうるかと思います。4年制大学では 、TOEFL iBT で 120 点満点中 80 点以上を取ることを入学条件の一つに設けている学校が多く、これは海外経験がない高校生にとってはなかなか一度で取れる点数ではありません。また、ハーバードやスタンフォードのような入学希望者が多い大学では、100 点以上を目安にしているところもあります。それに対し、コミュニティカレッジは 61 点以上など、4年制大学に比べて低めのボーダーラインを設定している場合が多いです。また、もし点数が足りなくても、その大学が開いている ESL(English as second language)というプログラムに参加すれば、お金は余分にかかりますが確実に入学することができます。このように、コミュニティカレッジに2年間英語力向上という目的で通い、その後4年制に応募するという形で2+2システムを使うことができるのですね。2年制大学は、このシステムもあって比較的留学生が多いので、留学生へのサポートも充実しているようです。

4年制大学

A. 総合大学

総合大学は同じ敷地内に大学院まで付属している場合が多く、そのため規模が比較的に大きく、研究に主眼を置いています。リサーチ大学という別称もそこから来ています。

まず、公立・私立の違いについて見て行きましょう。公立として代表的な州立大学は、州が予算を出して大学が運営されており、学生数2万人以上にもなる大規模校が多いです。日本でよく聞かれる UCLA や UC Berkeley は、 University of California, Los Angeles/ Berkeley の略で、カリフォルニア州の州立大学です。その他ミシガン州のミシガン大学なども、聞いたことがあるという人が多いかもしれません。州立大学は、その州の学生に対して州外の学生より安い授業料の設定をしており、さらに入学の優先権も与えています。よって2年制大学の部分でも述べたように、留学生は州住民よりも授業料が高くなり、また入学審査基準も厳しくなる傾向にあります。一方私立大学は、授業料や寄付金等を資金運用することによって運営されています。ハーバードやイェールなどのアイビーリーグもここに含まれます。一般的に州立大学に比べ授業料が高く、小中規模の大学が多いと言えます。

総合大学の長所として、大学院レベルの研究に対応した設備が整備されており、さらには多数のノーベル賞受賞者が教授や研究者として勤務している大学もあるということが挙げられます。それによって、世界的知名度がある大学も多いですね。また、規模が大きいために、学問・学生・教授・思想の多様性が保たれているなどの長所も挙げられます。例えば、アイビーリーグであるコロンビア大学は、アメリカで最も留学生の割合が高い大学の1つとして知られており、2019年度卒業の学生のうち19%が留学生です。(from: https://undergrad.admissions.columbia.edu/ask/faq/topic/405)

一方で短所としてよく挙げられることは、教授が大学院の研究に重点を置いていることが多く、学部生にまで目が届きにくいという点です。また学生の母体数が多いので、基礎クラスの講義になると 200 人ほどの大規模な授業になることもあります。この大規模さをカバーするために小規模のセミナーが週1回程度設けられますが、このセミナーは TA(Teacher’s Assistant)という大学院生が中心となって教え、また成績もこのTAがつけます。他には、教授が直接生徒から質問や相談を受け付ける時間であるオフィスアワーはあるものの、あまり長い時間教授と話すことができないという場合もあるようです。しかし、一方で学部生のうちから教授の研究に関わらせてもらったという話もありますし、イェールやプリンストンは学部生の教育に力を入れていることで有名です。なので、自分から動けばチャンスが広がりやすいという点と、学校によって差があるという点を押さえることも大切です。

B. リベラルアーツカレッジ

実用性や専門性よりも幅広い知識を身につける一般教養課程を重視した大学のことで、人文・社会・自然科学をバランスよく学び豊かな教養と人間性を育成することを目指しています。比較的小規模な大学が多く学生数は1000〜3000人程度です。また、もちろん都心にあるリベラルアーツ大学もありますが、その一方で静かな田舎や郊外にキャンパスを構えている大学も多いです。

リベラルアーツカレッジの長所は、教授と生徒の距離が近いことや生徒間で密接な関係が築くことができることです。大学院が併設されていないため、教授が学部生一人一人に割ける時間が多く、授業や試験の採点は基本的に教授が行ってくれます。また学生の規模も小さいので、少人数形式の授業が多く、他の学生や教授と深いディスカッションをすることができるのが魅力の1つです。カフェで生徒と教授が一緒にコーヒーを飲みながら議論を交わしたり、教授に晩ご飯をごちそうになったり、というエピソードを持つ日本人の学生もたくさんいるようですね。そのような密接な関係がゆえに、大学院へ出願するための推薦状を書いてくれる教授を見つけやすく、大学院進学には有利なことも多いとか。例えば、リベラルアーツカレッジ名門の Swarthmore は、全米の大学の中で社会科学の分野での大学院進学率が最も高いなどの実績を誇ります。

一方、短所としては、学問の種類が少ないことが挙げられます。例えばエンジニアリングの専攻を設置しているリベラルアーツカレッジは少なく、その場合は大学院に行って本格的な勉強を積まなければなりません。またその規模の小ささゆえに、出会う人の多様性が限られるということもあります。リベラルアーツ大学という大学の仕組み自体が日本であまり知られていないため、知名度が低いというのもデメリットの1つです。

必要な情報のまとめ

ここでは大学の出願において必要となる基本的な書類やテストを、項目ごとに並べて紹介します。留ナビ内にそれぞれの項目を詳しく紹介しているページがあるので、細かい情報が知りたい方はそちらを参照してください。また学校や学部によってはこれとは別に提出しなければならないものがある場合もあるので、出願する際には公式HPを確認してください。

◎学校に用意してもらう
・School Report
・Teacher Evaluation
・成績表
・School Profile

◎自分で用意するもの
・SAT or ACT
(・SAT subject)
・TOEFLiBT or IELTS
・Commonapp or 各学校application
・common app and supplement essay
・奨学金申請書類

◎その他
・外部推薦状
・課外活動

N A V I G A T O R

海外進学の門を開く

アメリカ

イギリス

オーストラリア

カナダ

国ごとの特徴

併願について

C A R A V A N

海外留学生との未来設計

留学キャラバン隊
メンバー自己紹介

S U M M E R C A M P

留学に向けての夏期集中講座

キャンプの概要

プログラム

メンバー

FAQ

How to Apply

© RYUGAKU FELLOWSHIP