Summer Camp | 留フェロ
summercampFinal

■キャンプの概要

サマーキャンプでは海外進学を目指している高校2・3年生と既卒生を対象に、エッセイを書くために必要な基盤である自分自身の魅力や強みについて発見し、それをどのように生かし、魅せていくのかを学びます。参加者はその学びと現役海外大学生・ギャップターム生との対話を通して自分自身と徹底的に向き合い、4泊5日で1本のエッセイを完成させることを目指します。
それに加え、受験ガイダンスや面接対策、海外大学生活紹介など、海外受験経験者だからこそできる情報提供を行うことで海外進学を控えた参加者のサポートを行います。

また、本キャンプの参加者は海外進学生対象の奨学金の応募が可能になります。
(詳しくはこちらをご覧ください)

■プログラム

ワークショップ

①自己分析ワークショップ

自分をアピールするためには、自分自身が自分のことをより深く知ることが最も重要です。ワークシートや大学生・他の参加者との対話を通して自分の過去と現在について振り返り、自己の性格・価値観・能力などを深く分析します。その結果を踏まえて自分の将来像や本当にやりたいことを発見します。

②自己表現ワークショップ

海外大学の選考では表現方法の豊かさが問われ、エッセイや2語程度で答えなければいけないショートクエスチョンなどの文書、面接中の受け答えなどで自己を強く表現する場が多く出てきます。それだけでなく、自身の強みを相手に売り込む姿勢は、留学後、また将来世界で活躍する際にも必要となる技術です。海外で実際にこれを活かしている大学生と一緒に自分を表現する練習をすることで自己の表現能力を高めます。

③フィールドワーク

自分が囲まれていた文化を相対的に捉えることは、更に深い自己分析へとつながります。また、このプログラムで大学生や他の参加者との親交を深め、より信頼できる関係を築きます。

フリーインタラクション

同じく海外進学を目指す仲間や実際に海外で生活している大学生と自由に交流します。先輩や同志、ライバルと知り合うことで刺激を得ると共に、自分の目指すロールモデルをよりよく知る場を創ります。モチベーションの向上が期待できるだけでなく、ここでの会話や議論から生まれるアイディアが今後のエッセイや活動に良い影響を及ぼすことも大いにあります。

Personal Essay指導

海外の大学の選考に欠かせないのが出願者の自分らしさを表現するPersonal Essayです。日本の受験にはあまり多く見られないため、その意義について詳しく理解している人は少ないですが、このエッセイが合否の鍵を握るといっても過言ではありません。このプログラムでは、参加者のエッセイを大学生が見て一緒に議論することで、自己分析で見出された自身の強みや価値観がエッセイに豊かに表現され、正しく伝わっているのかを確認します。また、議論によって自分がエッセイを通して本当に伝えたいことは何か、どのように表現していきたいのかを発見することで、参加者の皆さんがIndependent Writer(独立した書き手)になれるようにサポートします。

ゲストスピーカー講演

大学受験はゴールではなく、あくまでその先の未来のための通過点にすぎません。 世界の第一線で活躍されている方々をゲストにお招きし、参加者の皆さんがゲストの方々と語り合う機会を設けます。各分野の第一線にいらっしゃる方々と、グローバルに通用する人材の重要性やこれから世界で活躍するために必要とされる能力について共に考える。このことを通じ、参加者には大学の更に先の未来を想像して、夢を持つきっかけを提供します。

 

■キャンプスケジュール

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
8:00 起床・朝食 起床・朝食 起床・朝食 起床・朝食
9:00 コンテンツ2 コンテンツ6 ファミリー コンテンツ11
10:00 エッセイ執筆
11:00 エッセイ執筆(相談会) エッセイ執筆(相談会) コンテンツ9 ファミリー
12:00 昼食 昼食 昼食 昼食
13:00 開会式 コンテンツ3 コンテンツ7・面接対策 エッセイ執筆 アンケート
14:00 キャンプについて ファミリー フィールドワーク 閉会式
15:00 アイスブレイク コンテンツ4 ブレイク
16:00 イントロダクション エッセイ執筆(相談会) エッセイ執筆
17:00 発表会
18:00 夕食 夕食 夕食 軽食
19:00 コンテンツ1 コンテンツ5orゲストスピーカー コンテンツ8orゲストスピーカー コンテンツ10・ファミリー
20:00 ファミリー ファミリー ファミリー 夕食・Farewell
21:00 インタラクション・風呂・就寝 インタラクション・風呂・就寝 インタラクション・風呂・就寝
22:00 風呂・就寝

■Members

 

大学生

大野 晴香 / Haruka Ono

Swarthmore College (’19)

賀来 ゆり恵 / Yurie Kaku

University of Toronto (’19)

片木 美紗 / Misa Katagi

Franklin & Marshall College (’19)

勝原 達也 / Tatsuya Katsuhara

DePauw University (’19)

久保田 しおん / Shion Kubota

Mount Holyoke College (’19)

後藤 悠香 / Haruka Goto

King’s College London (’19)

髙島 崚輔 / Ryosuke Takashima

Harvard College (’19)

中山 桃子 / Momoko Nakayama

New York University (’18)

野田 真由 / Mayu Noda

University of Oxford (’18)

野田 萌佳 / Moeka Noda

Haverford College (’19)

羽鳥 静華 / Shizuka Hatori

Wesleyan University (’18)

林 瞳 / Hitomi Hayashi

University of Illinois at Urbana Champaign (’19)

山本 将也 / Masaya Yamamoto

Boston University (’19)

渡辺 駿也 / Shunya Watanabe

New York University Abu Dhabi (’19)

 

*ギャップターム生

赤野 健悟 / Kengo Akano

甲陽学院高等学校 卒業  Knox College 進学予定

川北 源二 / Genji Kawakita

渋谷教育学園幕張高等学校 卒業 Swarthmore College 進学予定

小谷 航平 / Kohei Kotani

静岡県立静岡高等学校 卒業 Grinnell College 進学予定

小林 聖弥 / Seiya Kobayashi

暁星高等学校 卒業 Earlham College 進学予定

榮 真由 / Mayu Sakae

Kansai Christian School 卒業 Grinnell College 進学予定

酒入 雄太郎 / Yutaro Sakairi

私立武蔵高等学校 卒業 University of Washington 進学予定

末岡 陽太朗 / Yotaro Sueoka

筑波大学附属駒場高等学校 卒業 Massachusetts Institute of Technology (MIT) 進学予定

園部 莉菜子 / Rinako Sonobe

渋谷教育学園渋谷高等学校 卒業 Wellesley College 進学予定

名合 史子 / Fumiko Nago

加藤学園暁秀高等学校 卒業 Wesleyan University 進学予定

林 香織 / Kaori Hayashi

渋谷教育学園幕張高等学校 卒業 Wellesley College 進学予定

古川 友理 / Yuri Furukawa

渋谷教育学園渋谷高等学校 卒業 Smith College 進学予定

*高校卒業を卒業し、2016年秋に海外大学に入学見込みの生徒

■参加者の声

後藤悠香さん(大阪府立千里高等学校卒、King’s College London在学)

エッセイ添削をしてもらいたいと参加を決めたこのキャンプでしたが、得たものはもっと大きなものでした。キャンプで行われた様々なワークショップを通して自分の人生や夢を改めて言語化することで自分の進みたい道を再確認でき、進路を米国から英国に変えることに。結果将来自分が関わっていきたい分野をより深く勉強できる英国の大学に進学することなりました。留フェロがなければ英国という新たな選択肢を発見することができなかったと思います。

■How to Apply

募集要項

【実施期間】  2016年8月3日(水)〜8月7日(日)

【募集対象学年】  高校2・3年生/既卒生

【実施場所】  静岡・伊豆、星槎稲取研修センター

【参加費用】  ¥20,000(宿泊・食費込み)
※ 参加費用のお支払い方法は合格通知とともにお知らせ致します。

※家庭の事情で厳しい場合はご相談ください

【使用言語】  英語・日本語

【応募資格】

  1. 2017年もしくは2018年入学の海外大学正規進学を目指している方。
  2. 期間中の活動はもちろん、事前活動・事後活動に責任を持って取り組める方。
  3. 出願書類作成に必要な最低限の英語力を備えている方。(明確な点数基準は設けません)

【選考課題】

  • English Essay 1題 (200words以上制限なし。文字数は選考に影響しません)
    以下より1題選んでください(Personal essayもしくは2016-2017 Common Application Prompts)
  1. Personal Statement
  2. Some students have a background, identity, interest, or talent that is so meaningful they believe their application would be incomplete without it. If this sounds like you, then please share your story.
  3. The lessons we take from failure can be fundamental to later success. Recount an incident or time when you experienced failure. How did it affect you, and what did you learn from the experience?
  4. Reflect on a time when you challenged a belief or idea.  What prompted you to act? Would you make the same decision again?
  5. Describe a problem you’ve solved or a problem you’d like to solve. It can be an intellectual challenge, a research query, an ethical dilemma-anything that is of personal importance, no matter the scale. Explain its significance to you and what steps you took or could be taken to identify a solution.
  6. Discuss an accomplishment or event, formal or informal, that marked your transition from childhood to adulthood within your culture, community, or family.

 

  • 日本語エッセイ 1題 (600字以内)

あなたが海外大学進学を1つの選択肢として考えている理由は何ですか。あなた自身の人となりや経験、将来の夢などを踏まえながら説明してください。

 

  • Short Answer Questions (各200words以内)
  1. The French word, Flanêr is defined as the art of leisurely strolling, simply for the pleasure of soaking up the surrounding beauty while Wabi-Sabi is used to encapsulate the simplistic beauty of Japanese culture. These words require an explanation to deliver their meaning and are considered to be “untranslatable” words. Please choose a word that carries a meaning to you, and tell us why that word is precious.
  2. Tell us about something that thrills you.

3. How are you different from a kangaroo?

【選考スケジュール】

6月30日(木)23:59(JST) 応募締切
7月7日(木)合格者発表予定 ※合格通知はメールにて致します

【お問い合わせ】

留キャン選考委員会: apply[at]ryu-fellow.org
※メールでお問い合わせの際は必ずフルネーム、ご所属を本文にご明記いただきますようお願いします。

ページ上部へ戻る