留学サマーキャンプ2017

Summer Camp | 留フェロ SummercampImage

■キャンプの概要

サマーキャンプでは海外進学を目指している高校2・3年生と既卒生を対象に、エッセイを書くために必要な基盤である自分自身の魅力や強みについて発見し、それをどのように生かし、魅せていくのかを学びます。参加者はその学びと現役海外大学生・ギャップターム生との対話を通して自分自身と徹底的に向き合い、5泊6日で1本のエッセイを完成させることを目指します。 それに加え、受験ガイダンスや面接対策、海外大学生活紹介など、海外受験経験者だからこそできる情報提供を行うことで海外進学を控えた参加者のサポートを行います。 また、本キャンプの参加者は海外進学生対象の奨学金の応募が可能になります。 (詳しくはこちらをご覧ください)

■プログラム

ワークショップ

①自己分析ワークショップ

自分をアピールするためには、自分自身が自分のことをより深く知ることが最も重要です。ワークシートや大学生・他の参加者との対話を通して自分の過去と現在について振り返り、自己の性格・価値観・能力などを深く分析します。その結果を踏まえて自分の将来像や本当にやりたいことを発見します。

②自己表現ワークショップ

海外大学の選考では表現方法の豊かさが問われ、エッセイや2語程度で答えなければいけないショートクエスチョンなどの文書、面接中の受け答えなどで自己を強く表現する場が多く出てきます。それだけでなく、自身の強みを相手に売り込む姿勢は、留学後、また将来世界で活躍する際にも必要となる技術です。海外で実際にこれを活かしている大学生と一緒に自分を表現する練習をすることで自己の表現能力を高めます。

③フィールドワーク

自分が囲まれていた文化を相対的に捉えることは、更に深い自己分析へとつながります。開催地である野沢温泉周辺の文化や人々との交流を通して新しい視点の獲得や発見を目指します。

砂場(フリーインタラクション)

同じく海外進学を目指す仲間や実際に海外で生活している大学生と自由に交流します。先輩や同志、ライバルと知り合うことで刺激を得ると共に、自分の目指すロールモデルをよりよく知る場を創ります。モチベーションの向上が期待できるだけでなく、ここでの会話や議論から生まれるアイディアが今後のエッセイや活動に良い影響を及ぼすことも大いにあります。

Personal Essay指導

海外の大学の選考に欠かせないのが出願者の自分らしさを表現するPersonal Essayです。日本の受験にはあまり多く見られないため、その意義について詳しく理解している人は少ないですが、このエッセイが合否の鍵を握るといっても過言ではありません。このプログラムでは、参加者のエッセイを大学生が見て一緒に議論することで、自己分析で見出された自身の強みや価値観がエッセイに豊かに表現され、正しく伝わっているのかを確認します。また、議論によって自分がエッセイを通して本当に伝えたいことは何か、どのように表現していきたいのかを発見することで、参加者の皆さんがIndependent Writer(独立した書き手)になれるようにサポートします。

ゲストスピーカー講演

大学受験はゴールではなく、あくまでその先の未来のための通過点にすぎません。 世界の第一線で活躍されている方々をゲストにお招きし、参加者の皆さんがゲストの方々と語り合う機会を設けます。各分野の第一線にいらっしゃる方々と、グローバルに通用する人材の重要性やこれから世界で活躍するために必要とされる能力について共に考える。このことを通じ、参加者には大学の更に先の未来を想像して、夢を持つきっかけを提供します。

■キャンプスケジュール

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目
7:30 起床・朝食 起床・朝食 起床・朝食 起床・朝食 起床・朝食
9:00 自己分析1 フィールドワーク 自己表現1 自己表現3 まとめ
11:00 自己分析2 自己表現2 エッセイ執筆 エッセイ返却
13:00 開会式 昼食 昼食 昼食 昼食
14:00 ファミリータイム・
アイスブレイク
自己分析3 エッセイ執筆 エッセイリバイズ 閉会式・お別れ
15:00 エッセイ執筆
16:00 エッセイとは エッセイ執筆 エッセイ執筆
17:00 生活
18:00 夕食 夕食 夕食 夕食 お別れ会
19:00 イントロダクション ゲストスピーカー ゲストスピーカー 砂場・風呂
21:00 砂場・風呂 砂場・風呂 砂場・風呂 砂場・風呂
23:00 就寝 就寝 就寝 就寝 就寝

■Members

大学生

赤野 健悟 / Kengo Akano

Knox College (’19)

小田 絵美理 / Emiri Oda

McGill University (’20)

小林 聖弥 / Seiya Kobayashi

Boston University (’20)

小森 麟太郎 / Rintaro Komori

Bowdoin College (’20)

後藤 悠香 / Haruka Goto

King’s College London (’19)

酒入 雄太郎 / Yutaro Sakairi

University of Washington (’20)

末岡 陽太朗 / Yotaro Sueoka

Massachusetts Institute of Technology (’20)

髙島 崚輔 / Ryosuke Takashima

Harvard College (’19)

田中 里奈 / Rina Tanaka

Carleton College (’20)

田畑 凛空 / Riku Tabata

 Columbia University (’20)

中山 桃子 / Momoko Nakayama

New York University (’18)

名合 史子 / Fumiko Nago

Wesleyan University (’20)

西田 早紀 / Saki Nishida

University of Toronto (’20)

羽鳥 静華 / Shizuha Hatori

Wesleyan University (’18)

林 香織 / Kaori Hayashi

Wellesley College (’20)

森 雅貴 / Masataka Mori

University of Sussex (’18)

渡辺 駿也 / Shunya Watanabe

New York University Abu Dhabi (’19)

 

*ギャップターム生

加井野 絢/ Aya Kaino

白百合学園高等学校 卒業 Wellesley College 進学予定

北村 杏 / An Kitamura

湘南白百合高等学校 卒業 Carleton College 進学予定

キャニー シャミール / Shahmir Keyani

甲南高等学校 卒業 King’s College London 進学予定

久埜 英一郎 / Eiichiro Kuno

攻玉社高等学校 卒業 Brown University 進学予定

佐野めぐみ / Megumi Sano

Southbank International School 卒業 Stanford University 進学予定

塩野 博之 / Hiroyuki Shiono

学習院高等科 卒業 Grinnell College 進学予定

篠宮 芽衣 / Mei Shinomiya

洗足学園高等学校 卒業 Yale University 進学予定

森川 実咲 / Misa Morikawa

関西学院千里国際高等部 卒業 New York University Abu Dhabi 進学予定

山岸 なな / Nana Yamagishi

ぐんま国際アカデミー 卒業 Beloit College 進学予定

*高校卒業を卒業し、2017年秋に海外大学に入学見込みの生徒

■参加者の声

小宮貫太郎さん(東京都立戸山高等学校卒、DePauw University 進学予定)

純ジャパで公立高校出身、海外大学なんてほぼ無縁だったはずの僕。ちょっとだけ勇気を出して参加したサマキャンが、留学という進路を突き進む原点でした。 留学や海外大出願を経験してきたメンターに加え、全国から集まった同じ志の”フェロー”たちと知り合えたことは、留学をしたいという思いを高めさせてくれましたし、今に至るまでの支えになっています。 5日間のコンテンツでは、エッセイを書きはじめるのに必要な自己分析のために、メンターが様々なアプローチを紹介し、フェロー一人一人が自分の答えを見つけるまでとことん向き合ってくれました。

■How to Apply

【募集要項】 このポータルからアプリケーションを提出してください。

【実施期間】 2017年8月3日(木)〜8月8日(火)

【募集対象学年】 高校2・3年生/既卒生

【実施場所】 長野、野沢温泉村役場・公民館

【参加費用】 ¥30,000(宿泊・食費込み)
※参加費用のお支払い方法は合格通知とともにお知らせいたします。
※参加費および交通費に関しましては、家庭状況に応じて一部または全額補助を検討いたしますので、ご相談ください。

【使用言語】 英語・日本語

【応募資格】

  1. 2018年もしくは2019年入学の海外大学正規進学を目指している方。
  2. 期間中の活動はもちろん、事前活動・事後活動に責任を持って取り組める方。
  3. 出願書類作成に必要な最低限の英語力を備えている方。(明確な点数基準は設けません)

【選考スケジュール】
6月25日(日)23:59(JST) 応募締切
7月2日(日)合格者発表予定 ※合格通知はメールにて致します

【お問い合わせ】

サマキャン選考委員会: apply[at]ryu-fellow.org
※メールでお問い合わせの際は必ずフルネーム、ご所属を本文にご明記いただきますようお願いします。

 

ページ上部へ戻る