出願

奨学金

はじめに

海外大学進学という進路には確かに、学費・語学力・出願方法の違いなど様々な障壁が存在します。中でも学費は、多くの学生やその保護者の方々にとって重要な問題なのではないでしょうか。概して、アメリカ・イギリスといった国々に長期留学する場合、日本国内の大学へ進学した場合に比べると授業料や生活費が高額である場合が多いという事実もあります。
しかし、学費が多くの海外大志望者にとって大事な課題だからこそ、その解決策もまた多く存在します。実は、国内外の様々な団体が「(日本の)優秀な学生を海外で学ばせる」「(日本出身者を含めた)優秀な留学生を呼び込む」といった目的で、経済的支援を展開しています。留フェロのコミュニティ内でも、そうした機会を得たことで海外大学への進学を決断できた学生が多くいます。そのため、留ナビでは海外進学実現のために欠かせない情報として、奨学金に関してもご紹介します。
ちなみに、海外大学への進学という文脈においては、「奨学金」はscholarshipの訳語として、返済義務のない給付型学資援助のことを指し、返済義務のある貸与型の学資ローンを意味しない場合が多いので、注意してください。

日本国内の給付型奨学金

まず、日本国内の政府や民間企業がスポンサーとなって設立した、海外大学進学者支援のための給付型奨学金についてご説明します。これらは後述の大学からの援助と比べ、まとまった額を支援していることが多い一方で、進学先に関して特定の国・大学の形態やレベル・専攻分野などの条件を設けている場合もあります。
近年、こうした奨学金、特に大学院進学に限らず学部正規留学のための奨学金を新設する動きが相次いでおり、海外大学進学を目指す学生にとっては追い風ともいえる時代が到来しています。実際に、ここに挙げた5つのうち3つ(柳井正財団、JASSO、孫正義育英財団)は2017年に設立されたばかりのものです。

ここでは特に、海外大学進学者を潤沢な資金で支援しており、留フェロとの関わりも深い5つの代表的な奨学金を紹介します。支援内容や対象者に関しては、2020年5月時点で新たな募集要項が公開されているもの以外は、昨年度のものに則っています。今年度から募集内容が変更される可能性もありますので、詳細は各奨学金の公式サイトを必ずご確認ください。

リクルートスカラシップ 学術部門

  • 財団:公益財団法人江副記念リクルート財団
  • 給付金額:年額上限1000万円(返済義務なし)
  • 給付人数:10名程度
  • 支給期間:2年間(毎年度の更新審査を経て、通過した者は海外の大学・大学院在籍中は給付。最長でも27歳になる年度末まで)
  • 対象者・条件:理系分野を専攻し、世界大学ランキング30位以内(理系分野のby subjectランキングも可)の大学に今後進学する・既に進学している者
    これから英語圏の大学を受験する場合は、TOEFL100 or IELTS7.0以上のテスト証明書を提出できること、他
    *なお、現役生も応募可能です。
  • スケジュール(参考・2020年):募集要項公開 7月上旬、募集開始 8月下旬頃~、選考会 10下旬~11月上旬頃

※留学フェローシップは協力団体として候補者の推薦を行っています。詳細はこちらから。

柳井正財団海外奨学金

  • 財団:公益財団法人柳井正財団
  • 給付金額:【米国】年額$95,000 【英国】年間£65,000(いずれも上限・返済義務なし)
  • 給付人数:米国・英国合わせて年間40名程度
  • 支給期間:【米国】大学卒業までの通算4年間 【英国】大学卒業までの通算3年間
  • 対象者・条件:米国の概ねトップ30に入る大学、および同等レベルの英国の大学に新たに進学する大学生、他
  • 募集時期:公募制学校推薦海外大学奨学金(予約型):毎年7月上旬から8月末頃まで。
         公募制海外大学奨学金(合格型):毎年12月末頃から翌年の2月上旬頃まで。

※留学フェローシップは協力団体として候補者の紹介を行っています。

孫正義育英財団支援金

  • 財団:公益財団法人孫正義育英財団
  • 給付金額:財団生の中から選考を経て学費・研究費等の支援額を決定(返済義務なし)。その他、財団施設利用等も可能
  • 給付人数:毎年40名程度
  • 支給期間:最長5年間(審査通過の場合延長可能。最長でも、満29歳になった年以降で最初の事業年度末日まで)
  • 対象者・条件:応募時点で25歳以下である「世界中の若手人材のうち、分野を問わず自らの才能を存分に開花させて志を実現するために、特定の学問専攻、研究、事業展開などを志している者」。他要件あり
  • 募集時期(2020年):2020年2月29日

日本学生支援機構(JASSO)海外留学支援制度(学部学位取得型)

  • 財団:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
  • 給付金額:年額1万米ドル〜250万円(予算に応じた上限)相当の授業料、月額59,000円〜118,000円の生活費(返済義務なし)
  • 給付人数:未定(2019年度実績・45名)
  • 支給期間:原則4年間
  • 対象者・条件:学士号が取得できる諸外国(地域)の大学への進学を希望する、日本国籍を有する者又は日本への永住が許可されている者(特別永住者を含む)、他
  • 募集時期(2020年秋進学):2019年9月17日

グルー・バンクロフト基金奨学金

  • 財団:公益財団法人グルー・バンクロフト基金
  • 給付金額:年間5万米ドル(3名)、大学への授業料減免推薦(7名)(それぞれ対象校・給付額が異なります。返済義務なし)
  • 給付人数:合計10名(それぞれ対象校・給付額が異なります)
  • 支給期間:4年間
  • 対象者・条件:米国のリベラルアーツカレッジ・四年制大学に進学する日本国籍を有する者、他
  • 募集時期(2021年秋進学):2020年9月18日

大学からの経済的援助

一方で、各国の進学先の大学から受けることのできる経済的援助も存在します。アメリカではfinancial aidやgrant、イギリスではscholarshipと呼ばれるこうした大学内部の奨学金は、どちらかといえば日本の教育機関における「特待生制度」が意味するものに近いかもしれません。