留ナビ

留ナビ

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

University College London
  • 規模4

    大学総学生数は4万人強。学部生はおよそ2万人

    教授との距離4

    履修する単元とは別に、2週間に一度、授業についていけているか等を確認するチュートリアルがある。教授と1:6くらいで行うので、距離が縮まる。

    授業形態3

    レクチャーは50~100人規模。レクチャー2時間につき、10人で行うセミナーが1時間ある。

    学食の美味しさ3

    寮の学食は、期待はできないものの不満が募るほどではない。キャンパスの周囲にはチェーン店が多い。

    都会度5

    大都市の中心部。

留学生が生徒の半数近くを占めるため、多種多様なバックグラウンドを持ったクラスメートができる。3年制で、1年目から専攻に特化した科目を履修できるので、学びたい分野がはっきりしている人におすすめ。

(大学の公式ウェブサイト:https://www.ucl.ac.uk/)

基本情報

  • 学生数と内訳

    学生数と内訳

    学部生:約20,000人
    院生24,000人

  • 留学生率

    留学生率

    48%

  • 学部数

    学部数

    400程度

  • クラブ数

    クラブ数

    250+

  • 学費・寮費

    学費・寮費

    学費は£20,000~30,000
    寮費が約£10,000

校風

規模が大きいので、ひとまとめにできない。強いて言えばリベラル。

特に強い専攻・分野

教育学、建築、考古学は世界でトップ3に入る。
人類学、地理、薬学、心理学など。

学生生活

大都市なので娯楽には事欠かない。メリハリをつけ、勉強するときは勉強、遊ぶときはとことん遊ぶ。
2年生からは友達とアパートを借りる人がほとんど。

▶︎年間スケジュール(例)
– 10月:秋学期開始(10週間+ハーフターム)
– 1月:春学期開始(10週間+ハーフターム)
– 5月:夏学期開始(授業はなく、年度末の試験期間)

▶︎一日のスケジュール(例)
1コマ目の授業は9時から。最終は6時まで。
クラブ活動が7時から9時。
空きコマが多いので、その時間に勉強・バイト・ボランティア等で好きに使える。

履修

専攻は受験する際に決め、1年目の10月以降は変更が困難。
1年目は専攻に関する必修科目が多く、2年目からは選択科目がほとんどでかなり専門的。
3年目の単位の半分は卒論。

ファウンデーションコース

IBディプロマ又はA-Levelを取得していない留学生はファウンデーションコースがある。

出願ワンポイント

IELTS不要。TOEFLでOK。出願締め切りは1月だが、9月から出願できる。
選考は9月から順次行われるので、1月より前に結果が出ることもある。
そのため、早くに出した方が、合格率が上がるとも言われている。

各国出願情報へ