留ナビ

留ナビ

ボウディン大学

Bowdoin College
  • 規模2

    典型的なリベラルアーツカレッジの大きさ。

    教授との距離5

    オフィスアワーが充実していて、とても教授陣のサポートが厚い。

    授業形態2

    授業によってはイントロで50人ほどのクラスもあるが基本最大人数は16人。専攻を決め、上級クラスを履修するにつれ、一つのクラスに生徒が3,4人だけという場合も多い。

    学食の美味しさ5

    とても美味しい。 ロブスター、クラムチャウダー、グリーンソースがかかったムール貝などのシーフードやビビンバ(韓国)とかパスタが美味しい。

    都会度3

    都会とは決して言い難いが、田舎にしては発展している方。森や海に囲めれているが、ダウンタウンにいけばレストランやスーパーが並ぶ。ブランズウィック市自体も都会と田舎の間くらいの規模と発展度で、車を15分飛ばせば、メイン州最大のアウトレットや30分飛ばせばメイン州最大の港町にたどり着くことができる。

全校生徒1,800人、生徒:教授比が1:9なのでとても人間関係が密。
大西洋に面した美しいキャンパスは、生きた自然教育・環境教育の場になっていて、ハイキングやスキーなどのアウトドアアクティビティもとても盛ん。
全米全大学のうちトップ5には例年必ずランクインするだけあって食事が美味しい。勉学やアウトドアアクティビティに没頭したい人にはとても良い環境。

(大学公式ウェブサイト:https://www.bowdoin.edu/)

基本情報

  • 学生数と内訳

    学生数と内訳

    全校生徒1,800人

  • 留学生率

    留学生率

    10%ほど

  • 専攻

    専攻

    42 majors, 41 minors

  • クラブ数

    クラブ数

    100+

  • 他

    奨学金はNeed-based。
    成績優秀者は学内の特別な奨学金も与えられる。

校風

Work hard, play hardな文化。アスリートが多く、アウトドアアクティビティに熱心な人が集まるイメージ。
フラットが存在せず、パーティー文化は他校に比べてない。

特に強い専攻・分野

特に人気な専攻は順に、政治学、経済学、数学。

学生生活・年間スケジュール例

ほぼ大学内で生活を完結させることができる。週末にメイン州最大の港町ポートランドやモール街フリーポートに出かけることも。
また、ボストンへもバスや電車が出ていて、片道2時間半ほどなので遊びに出かける人も多い。

▶︎年間スケジュール(例)
– 8月末: 留学生オリエンテーションの後、全学の新入生オリエンテーション
– 9月中旬〜11月下旬(感謝祭前): 秋学期
– 1月下旬〜5月中旬:春学期

▶︎一日のスケジュール(例)
一番早い授業は8:30amスタート。授業を2,3つ受講し、そのほかの時間を課題、課外活動に当てるイメージ。週末の片方を勉強に当て、もう片方を課外活動に当てる生活をする人が多く、Work hard, play hardな文化が垣間見れる。

履修

2学期制で、基本毎学期4つの授業を履修するのが基本的。2年生の秋学期後に専攻を決める。

出願ワンポイント

SATはオプショナル。大学用のSupplement Essayは2つのみ。

各国出願情報へ